私の妻はお酒が大好きです。毎日家でも飲んでますし、夫婦で居酒屋に出かけたりすると本当に楽しそうで、いつも以上にお酒をたくさん飲みます。女性はカクテルとか梅酒とか、そういう甘い系のお酒が好きな傾向があると思いますが、うちの妻は全くの反対。ビールや日本酒、焼酎ばかりで、お前はおっさんか(笑)と度々からかっているほどです。

じゃあ毎回毎回酔いつぶれるまで飲むのかというと、そうでもないんですよね。ちゃんと自分の限界とか許容量がわかっていて、これ以上はまずいなって思うと自分で水やウーロン茶に切り替えます。だからどれだけ飲んでても、私が迷惑を被ったことが一切ないんです。

これが本当に私は嬉しくて、妻のことが本当に好きだなと感じます。もちろんお酒を飲むところに惚れたわけじゃないんですが(笑)なんというか、お酒って一緒に飲んでるとすごく楽しかったり、真面目な話をしたり、人とのコミュニケーションが捗るじゃないですか。それを妻とできる。しかも、妻は飲む量を考えられるから、こっちに迷惑もかからない。「楽しかった!」っていう気持ちだけが残るんです。

お酒を飲んでいない時もちゃんと妻とコミュニケーションはできていますが、最愛の妻と心からお酒を楽しむことができる私は、本当に幸せなんじゃないかなと思います。何度も言いますが、お酒が飲めるから好きというわけではないです!(笑)でも、そういうところも含めて、私は妻のことを本当に心から愛しています。