自動車リサイクル法とは、どのような法律だろうか。まさか、使用済自動車を積極的に購入しよう!という趣旨の法律ではないことは、リサイクル法をご存知ない人でもわかっているとは思うが。

廃車

自動車は作れるまでに様々な材料を使用し、様々な機械を使って、多くの人の手によって作られる。その性能やデザインを考案したり、設計した人の能力に対する費用もかかってくるので、自動車を新車で購入するには、それ相当の高額費用がかかる。

高知県庁ホームページ - 自動車税

その代り、快適に便利に使用することができ、乗り飽きた車を、また別の人に売ることもできる。その自動車が使用できなくなる日まで、乗り手を何度も変え、最終的に使用済み自動車となった車は、専門業者の手によって解体され、処分やリサイクルされる。その時にかかる費用について決められたこと、自動車の流通の仕組みなどを取り決めたものが自動車リサイクル法だ。

自動車の名義変更・廃車手続はお早めに - 県税・市町村税インフォメーション - 青森県庁ホームページ

この法律ができる前は、使用済みとなり不必要になった車の解体処分費を払い渋って不法投棄される自動車も多かった。自動車リサイクル法という法律がなければ、自分の勝手で地球環境に悪影響を及ぼしかねない不法投棄という所業を厭わない人間のモラルの低さに思い悩まされ、廃車について深く考えさせられる。