さて、脂肪吸引の魅力は十分に伝わっているかと思います。しかし、この脂肪吸引は誰でも出来るという訳ではありません。脂肪吸引を行うには検査に通らないといけないのです。こう書くとさぞかし大変厳しい検査が待っているのかと思われそうですが、実際の所は健康な人であれば引っかかるという事は殆どありませんのでご安心ください。

脂肪肝 - 関連疾患 l 肝機能の数値・肝臓の数値を調べる肝機能ナビ

脂肪吸引の前に行う検査は主に血液検査です。最近の血液検査では人体の殆どの事が判る(前兆等も含め)と言われていて検査項目はなんと2,000にものぼります。そんな中、脂肪吸引で注意する点は5つ。まずは貧血の人、脂肪吸引では多少の出血が有りますので、貧血の人はお断りしています。次に栄養状態の悪い人、脂肪吸引を行った後の回復は栄養状態の良い健康な人でなければいけません。次に肝臓や腎臓に以上のある人、脂肪吸引の手術の際は多少の麻酔を使います、



しかし、肝臓や腎臓が悪いと麻酔を代謝できない為そういう人も出来ないそうです。次に血液が止まりにくい人、幾ら脂肪吸引の際の出血が微量だとはいえ、血が止まらないという状態になれば患部に血が溜まり腫れる事が有り痛みも酷くなります。その為血が止まりにくい人は受けることが出来ません。最後にB型肝炎・C型肝炎等の感染症にかかっている人、この場合は手術の際に重い合併症を発症する可能性も有り、お断りしています。



この検査は手術の1カ月前から行う事が出来ます、もし病院が遠くにあり事前に受けることが出来ない場合は、家の近くのクリニックでの検査結果で対応するクリニックも有るそうですので、十分下調べをした方が良いでしょう。全ての検査は手術を受ける患者さんの事を考えての検査です、脂肪吸引をした事で、別の悩みが出て来ることの無いよう最初に検査をして判断しているのです。

但し、中にはこの様な検査を全くしないで脂肪吸引を行うクリニックが有るそうです。患者に知識が無い事を悪用し、手抜きをしているそうなのです。でも皆さんはもう大丈夫ですね、ここで脂肪吸引前に検査が有る事を知りましたので、こういった悪徳クリニックに引っかかる事はまず無いでしょう。