それでは次に、多結晶シリコン太陽電池についてです。多結晶シリコンは、金属ケイ素と塩化水素を科学反応させ、合成した三塩化ケイ素を蒸溜します。そして精製されたものを、高温で水素還元した物質です。

産総研:太陽光発電研究センター 「太陽光発電とは」

多結晶シリコンの太陽電池の精度は、このときの純度の度合いによって変化します。前にも述べたように、現在、自然エネルギーであるソーラーパワーは、国や自治体の事業や企業だけでなく、各家庭でも積極的に利用されるようになりました。様々なメーカーが、研究を繰り返し、いかにこの精度を上げるかを競い、様々な商品が流通するようになりました。



さて、多結晶シリコン太陽電池ですが、先に述べた単結晶シリコン太陽電池との違いは、シリコンの結晶構造にあります。単結晶シリコンは構成される素子全体にわたって決まった形に整列がなされています。それに対して多結晶シリコンは、単結晶シリコンの結晶の断片で出来ているため、単結晶シリコン同士が接触する部分に、結晶粒界という面が出来、光の屈折が発生します。そのため表面には模様が発生するので、単結晶シリコン電池よりも、面積あたりの発電効率はやや落ちます。

太陽光発電なら鈴与のソーラー|鈴与商事株式会社

しかし製造にかかるエネルギー量も少なくて済むという利点もありますので、その分、商品単価も安価に設定しているメーカーがほとんどです。我々のような一般の家庭の人たちでも比較的手が出しやすく、近年では製造量が増加しています。ただし、各家庭の屋根の面積には制約があります。単結晶シリコン太陽電池よりも発電量は落ちますので、屋根が狭小な場合には多結晶シリコン太陽電池では、必要分をまかなえないケースもありますので、事前にきちんと専門家と相談する必要があるでしょう。