「会社登記の書類は自分で作れますか?」と訊ねられれば、「できないことはない」と回答することになるでしょう。実際、巷には、「自分で会社登記をしてやろう!」という趣旨の本が出回っています。ただし、それなりに手間のかかる手続きですので、事前の準備が必要です。その概要を見てみましょう。

仙台 会社設立

まず、法人の印鑑、実印が必要です。うっかり忘れないようにしましょう。次に市もしくは区役所で個人の印鑑登録と電子証明書の交付申請をします。このふたつは同時にできますので、一緒に済ませてしまいましょう。個人の印鑑を登録するのは、法人登記する際に必要だからです。次にとても重要な書類である定款を作成します。定款とは、会社や社団法人などの組織のあり方を定める、もっとも基本的なルールと考えておけばよいでしょう。

法務局

組織のあり方の中でも目的や名称については、必ず定款に定めるように法定されています。定款を作成し終えたら、公証役場に提出します。今は電子定款の受付認証をしてくれますので利用するとよいでしょう。次に、定款で定めた資本金を、通帳に振り込みます。もともとお金の入った通帳ではダメで、あらためて振り込みしたものの写しが必要になります。

会社設立FirstStep|全国法務局一覧

最後に法務局で必要な書類を受け取り記入します。役員の人数やその他の条件で、必要になる書類は変わってきます。法人の印鑑と個人の印鑑を持参し、認証された定款をもって直接法務局へ行けば、基本的に法務局の側が判断して、記載すべき書類を出してくれますので、すべての手続きをその場で終えられます。ただし、収入印紙を購入する必要がありますので、ある程度のお金は持っていきましょう。