ルームシェアをされている方々は、ルームシェアメイトとして同性を選ぶことが大半であると思いますが、中には様々な理由から異性のルームシェアメイトと共同生活をされている方もおられるものです。



ですが、異性とルームシェアをして共同で暮らすということは問題が全く無いとは言えないものでしょう。まず、性的な違いからくる価値観の相違というものが考えられます。世間の一般論からしても男性の視点と女性の視点は違うものであると言われているものですし、シェアメイトが3人以上の時などは性別が違うことによってシェアメイトの中でも性別でのグループ化がなされてしまい、ルームシェアメイト内のパワーバランスが崩れてしまうという可能性も考えられるでしょう。

観光データベース 見る 「歴史的建造物」 - 函館市公式観光情報サイトはこぶら

また、あくまでも異性という存在であることからお互いに好意を抱く可能性もゼロではありませんので、ルームシェアをきっかけとして恋愛に発展するということもありえることと思います。実際に恋愛関係に至ったとしても順調に進展・維持をできているのであれば良いのですが、恋愛というものは全部が全部良好に行くものでもないですので、その点においても異性とのルームシェアはトラブルに発展するリスクがあると言えます。

福井の歴史的建造物

その反面、ジェンダーにおいてステレオタイプな視点かもしれませんが、男性であれば機械関係や力仕事に強いという側面がありますし、女性であれば家事全般に知識が精通しているというケースが多いと思いますので、異性とのルームシェアであるからこそ、それぞれの性別的役割における得意分野の強みを生かした共同生活を営むことも可能でもあるでしょう。

それに加えてデメリットと思われる異性との価値観の違いや対立も、ルームシェアによってそれを経験することで自分自身の価値観の幅を広げる良い機会にもなりえると思いますので、たとえ異性とのルームシェアであっても全てがトラブルに発展するというものではないでしょう。