金属のリサイクルにおける過程で素材となる金属スクラップは、その多くが日本国内で賄われている部分もあるのですが一部は海外からの輸入に頼っている部分があります。



金属スクラップの輸入量には国内における経済状況がかなり密接に関わっています。なぜならば、経済活動が活発であるほどに金属は使用されることとなり、その使用が多いほどに金属スクラップの排出も増えるためです。日本が多く金属スクラップを使用していたのは第二次世界大戦後の日本がいわゆる発展途上国であった時代です。

自動車の名義変更・抹消・住所変更の手続は確実に!!|福井県 Fukui Prefectural Government

経済の成長を行うには大量の金属スクラップが必要であり、その多くを海外からの輸入に頼っていました。その後、急激に景気が上昇した影響もあり、国内における金属使用量が増えたことから国内で排出される金属スクラップの総量も増加することとなり、金属スクラップを輸入するということにそれほど頼らなくてもよくなってきました。

島根県 : 自動車税

ですが、先進国となった現在であっても景気というのは安定しているものではなく、金属の使用量もその年々によって増減するものですので金属スクラップの国内自給量も増減するものとなります。この国内自給量の増減がある以上、その補填を行う目的で海外からの金属スクラップ輸入に頼らなければいけないこととなるのです。

今現在まで長く続く不況により、国内における金属消費量はここ数年低下している状態であると言えますが、これから景気が良くなると仮定した場合、金属の需要量が増えることから国内における金属スクラップの不足する状態になることと思います。そのため、金属スクラップの供給を行うために諸外国からの輸入に頼らなければいけないという可能性があるでしょう。