トイレは私たちの生活において、絶対に必要不可欠な存在です。もしも自分の家にこれが無ければ、気軽に用を足すことが出来ません。それでいて、排泄そのものは人間の生理現象ですから、お手洗いに行かない訳にはいかないのです。身近に無いと非常に困ったことになる設備、それがトイレです。

トイレのよくある質問 青森設備工業株式会社

さて、そのお手洗ですが、最近になってトラブル件数が増加傾向にあるとのデータが確認されています。例えば、都内千代田区にある水道トラブル専門店の出動件数は、何と一日あたり平均で80件を越えているとか。この数は、決して水回りトラブルが他人ごとではなく、自分にも十分に起こりえる可能性があるということを端的に示しています。
では、このトイレ詰まりを予防するには、どのような方法があるでしょうか?トイレ詰まりの原因から探ってみましょう。

岡山市 南区 【 トイレつまり 水漏れ トイレ修理 水道修理 】 水の救急車

実は、お手洗いのトラブルの原因ナンバーワンは「おむつや生理用品」、それに「ティッシュペーパー」を便器に流してしまったことなのです。水溶性のものであれば、基本的には問題ありませんが、それでも大量に流してしまうと水に溶けきらずに排水管に詰まってしまいます。水に溶けないティッシュなら、なおさら詰まる確立が高くなり、水トラブル専門店では「絶対に便器に流さないでほしい」とコメントしています。



トイレ詰まりを予防するには、先に挙げたような品々を流さないよう、日頃のお手洗い使用時に注意することが、もっとも有効だとされています。基本的にトイレに流してもよいものは、排泄物以外ではトイレットペーパーと水溶性ペーパークリーナーだけとされています。
日頃から流せないものを流さないことが、トイレ詰まりの最善の予防となるのです。